ぎっくり腰から坐骨神経痛になる

ぎっくり腰になってから坐骨神経痛になってしまったという話を聞いたことありませんか?

ぎっくり腰は一度なってしまうと癖になりやすいの注意が必要ですが、坐骨神経痛にも気をつけなければなりません。

自分が坐骨神経痛だということを知らずに、年齢からくる痛みでほっとけばそのうち治ると思って放置してしまう人も多いようです。痛みが強かったり長く続くようなら、きちんと病院でレントゲンを撮ってもらうようにしましょう。

個人での判断は症状を悪化させ、治療が長引いてしまう場合もありますから危険です。

腰の痛みや足の痺れで、立っていることが辛いのに病院に行かなかったという人もいます。我慢できなくなってから病院に行ったら、坐骨神経痛だったというケースもありました。

坐骨神経痛は、原因や症状によっても対処法や治療法は変わってきますが、時には手術が必要になる場合もあります。自分で判断はせずに、痛みがあったり辛い時には、早めに病院で診てもらうようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク