腰痛改善に効果のある食品

腰痛で動けなくなった人の写真腰痛は私たちのの生活と深く関わりがあります。柔らかい寝具に寝ることで、背骨に負担がかかり、それが腰痛の原因になったり、運動不足、肥満、逆に過度の運動で腰を痛めることもあります。デスクワーク中心の仕事、長時間の運転、農業、介護など。

特に、同一姿勢、前屈、中腰の3つの要素がほとんどの腰痛を誘発するようです。その他、内臓疾患、骨、関節疾患による腰痛もありますので、症状が重い、改善が見られない場合は、病院で診察を受け、原因の究明をすることが大事です。

腰痛改善に効く食品

日本酒を飲むと皮膚の表面の血液循環が良くなります、これは日本酒を飲むと毛細血管が拡張することによります。血管が拡張し、体の隅々に血液が行き届くということは、体を暖かい状態に保つことが出来ますので冷え性の予防や肩こり、腰痛改善にも効果的です。

ショウガ(生姜)には辛味成分のジンゲロンや、ジンギベロールなどの精油成分が含まれています。体を温める、血行促進、冷え性、発汗、解熱、鎮痛、新陳代謝を活発にする効果があります。肩こり、腰痛の改善、風邪をひいた時にもよいでしょう。

大豆 豆腐、納豆、豆乳、エダマメなどの大豆食品は、良質のたんぱく質と脂肪を豊富に含んでいます。他にビタミンB1、B2も多く、腎臓の働きを活発にします。中医学では、腎臓の気が不足すると骨が酷使され、腰痛になると考えられています。腎臓を元気に保ち疲れさせないためにも、大豆を沢山食べるようにしたいものです。

酢の物 酢に含まれるクエン酸は、食欲を増進し、疲労物質の乳酸を分解し疲労を回復する働きがあります。又、体内での消化吸収率をあげるなどの働きがあり相乗効果を発揮します。その他、酢酸はカルシウムの吸収される量を増やし、体内で利用しやすくしてくれます。カルシウムを多く含んだ食品と酢を組み合わせて食べると、カルシウムを効率的にとることができます。

腰が辛くならない抱っこする座椅子

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク