紫外線対策 UVケアでシミとシワを予防

紫外線は知っての通り体にさまざまな悪影響をもたらしています。紫外線は長時間浴びたり、日々蓄積されるていくことで影響が出てきてしまいます。シミやシワが増えて後悔しないように、紫外線が強くなる季節には、気を抜かずしっかりと紫外線対策を行なってください。

シミやしわの原因になる紫外線。真夏の晴れた日には、ほとんどの女性がしっかり紫外線対策をしています。でも、曇りの日になると油断してしまう女性も多いようですね。曇りの日でも紫外線の影響は受けてしまいますし、夏以外の季節も紫外線に注意しなくてはいけません。

太陽が出ていないからといって油断するのは絶対に禁物です。紫外線には色々な種類があり、曇りの日でも関係なく影響を及ぼすものがあるのです。

簡単な紫外線対策は日焼け止めを塗ることです。日焼け止めには、乳幼児用・男性用など種類が豊富にありますので、用途に合わせて使い分けてください。る敏感肌用も販売されていますので、成分を確認し用途に合ったものを選ぶようにしましょう。

日焼け止めのポイント

紫外線対策で日焼け止めを使うなら、それぞれ効果に差があるのでしっかり確認してから使用するようにしましょう。

日焼け止めにはSPFとPAという数値が関係してきます。聞いたことがあるけど、なんのことか意味がわからないという人も多いと思います。

日焼け止め用品には必ずと言っていいほど、この数値が記載されています。SPFというのは日焼けの原因となる紫外線を防ぐ数値のことで、正式にはサンプロテクターファクターと言います。SPFの数値が高ければ高いほど紫外線を防ぐ効果が長くなります。UVB波の防止効果を示す数値となります。

SPF+20の場合、通常よりも20倍日焼けを予防するということになります。日本で販売されているUV商品では、SPF+50が最高値となっています。ですが、SPFは30以上になると効果があまり変わらないと言われていますので、紫外線対策として日焼け止めを使う場合、SPF+30程度のものを選んでもいいでしょう。

PAというのはプロテクショングレイドオブUVAを略したもので、UVA波の防止効果を示す数値のことです。SPFでは肌が赤くなるのを予防し、PAでは黒くなるのを予防すると言ったほうが理解しやすいかもしれません。これにはPA+、PA++、PA+++と3段階があります。薄く塗っても効果がありませんし、汗で流れても効果が出ませんので、おすすめなのは始めに2度塗りし、汗をかいた時には塗り直すようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク