うなぎが高くて食べられない、うなぎが高騰する理由

夏バテ防止に栄養たっぷりのうなぎが高くて食べられない!27日の土用の丑の日を前に、卸値が過去最高水準で上昇している。理由は、養殖に必要なしらすうなぎの慢性的な不漁が高騰とされるが、それだけが原因ではないらしい。

普通、鮮魚は市場に出されてセリに掛けられ、価格調整が行われるが、うなぎの場合は、養殖業者と問屋や専門店が直接取引しているので、業者の言い値で買わざるを得ない。店の弱みにつけ込んで、不当に値段をつり上げる業者も存在するらしい。また、中国や台湾の養殖業者の台頭も、値段高騰の要因になっているそうだ。手頃な値段で美味しいうなぎが食べられる日は、戻ってくるのだろうか。

うなぎの有効成分とその効果

コラーゲン 
風邪・血管強化・粘膜の強化・肌荒れ・老化防止
ビタミンA 
風邪・癌(がん)予防・抗酸化作用・粘膜の強化・免疫力 アップ
ビタミンB1 
肩こり・脚気・筋肉強化・血行促進・ストレス緩和・精神安定・血液サラサラ・肉体疲労・粘膜の強化・肌荒れ・不眠症・免疫力アップ・老化防止     
ビタミンB2 
口内炎・血液サラサラ・肉体疲労・粘膜の強化・肥満防止・免疫力アップ
ビタミンD 
骨を丈夫にする 
ビタミンD 
肩こり・血行促進・高血圧・抗酸化作用・コレステロールの抑制・ストレス緩和・精力増強・血液サラサラ・糖尿病・動脈硬化・認知症予防・免疫力アップ・老化防止
パントテン酸
ストレス緩和・疲労回復
コンドロイチン 
白内障・飛蚊症・疲労回復
オレイン酸 
高血圧・抗酸化作用・コレステロール抑制・動脈硬化・認知症予防・老化防止
EPA 
花粉症・抗血栓・コレステロール抑制・血液サラサラ・動脈硬化・免疫力アップ
DHA 
コレステロール抑制・精神安定・血液サラサラ・動脈硬化・白内障・不眠症・認知症予防・免疫力アップ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク