香辛料の効能について

トウガラシ:トウガラシの辛さが大好きという人も多いですが、トウガラシ辛味成分はカプサイシンと呼ばれ、食欲を増進させる働きがあります。

カプサイシンが消化器官の粘膜を刺激し、中枢神経の働きを高めます。その結果、消化器官へ送られる血液の量が増え、消化液の分泌を促進して食欲も増進させます。刺激と辛味が腸のぜん動運動を促進してくれるので、栄養分の吸収も高めてくれます。

ターメリック:ターメリックは、カレーには欠かせないスパイスです。主な成分は色素成分のクルクミンです。クルクミンは体内で、テトラヒドロクルクミンという物質に変化しますが、これには強力な抗酸化作用があり、大腸がんの予防に効果があります。

ジンジャー:料理に欠かせない食材です。香りの成分に、発汗や解熱、消炎、保湿などの効果があります。さらに辛味には抗酸化作用があり、強力な殺菌作用と臭みを消す作用もあります。

ニンニク:ニンニクの有効成分はアリシンと呼ばれ、体内でビタミンB1と結合してアリチアミンという成分に変化します。アリチアミンには胃腸の働きを高め消化吸収を促す効果があります。また、ニンニクには強力な殺菌作用があるので食中毒の予防にも。

アーモンド:ビタミンEを多く含み、高カロリーで、繊維、鉄分も豊富です。抗酸化作用も強力です。生食での健康効果も高いようですね。

クローブ:甘い香りと独特の渋みがあります。肉の臭みを消すのでシチューなどに向いています。うがい薬にも利用されているそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク