紫外線から肌を守る抗酸化食品とビタミンC

紫外線が原因の肌トラブルから肌を守るためには、毎日の食生活で予防しましょう。 日焼けから肌を守るためにはビタミンCをたっぷりとると効果的!

紫外線対策におすすめの栄養素は、メラニン色素の沈着を抑制するビタミンCです。紫外線量の増える春から夏にかけては、新鮮なフルーツや夏野菜を多く使ったメニューで、ビタミンCをたっぷり摂るようにしましょう。

肌の老化に負けないように抗酸化食品を食べる

紫外線には、皮膚細胞の活性酸素を増加させる作用があります。皮膚細胞の活性酸素は、お肌の弾力を失わせ、皮膚のたるみ、シミやシワやなどの皮膚の老化を促進させてしまいます。

老化は自然なことですが、活性酸素が増加すると肌の老化が早まり、年齢よりも老けて見えたりもします。老化を予防して、いつまでも若々しい弾力とハリのある白い肌を維持するためにも、活性酸素を除去する働きのある抗酸化食品を積極的に食べましょう。

活性酸素を除去するファイトケミカル

ファイトケミカルとは、野菜や果物に含まれる、栄養素以外の機能性成分で、最近は第7の栄養素として脚光を浴びています。

注目される理由は、老化や生活習慣病などの原因といわれる「活性酸素」を除去する働きとともに、免疫力を高める、花粉症等のアレルギー対策、アルツハイマーの予防にも役立のではないか?とも考えられ、その機能性が期待が寄れています。

ファイトケミカルは、赤ワインに含まれるポリフェノールやブルーベリーに含まれるアントシアニン、トマトの色素リコピンなどがの代表的です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク