薄毛の原因はジヒドロテストステロン

髪が薄くなってきたら深刻に悩みますよね。その薄毛の最大の原因はジヒドロテストステロンだとか。

ジヒドロテストステロン(略してDHT)は、「男性型脱毛症(AGA)の最大の原因」と言われている、強力な脱毛作用のある男性ホルモンなんです。

薄毛になるメカニズム

AGAでは、薄毛部分の頭皮に多量のジヒドロテストステロンが確認されています。薄毛になるメカニズムは、ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合することによって、ヘアサイクルが乱れて髪の毛の成長期が終了してしまいます。

毛髪が太く長い毛に成長する前に抜けてしまうので、細く短い毛髪が多くなり、全体もしくは部分的に薄毛が目立つようになってしまいます。

薄毛の予防と改善

薄毛を予防するためには健康的な生活を心がけるようにしましょう。栄養のバランスが取れた食事、睡眠を十分にとり、飲酒やタバコをなるべく控えるようにしてください。

それと、薄毛対策に効果が高い方法といえるのが有酸素運動です。

なぜ有酸素運動が効果的かというと、AGA最大の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)を抑制できるからです。DHTを抑制するメカニズムについては、専門的で難しくなるので省きます。

一つ言える事は、健康的な生活を送りことが毛髪の正しい成長にもつながります。薄毛はすぐに改善されるわけではありませが、毎日の積み重ねで改善に努めていくことが大切になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク