夏バテは暑さより湿度の不快感が原因!?

猛暑日が続き、そろそろ夏バテでグッタリしてる人も多いと思います。

夏バテの原因は暑さだと思われがちですが、本当の原因は暑さではなく湿度と言われています。なぜ湿度で夏バテするかというと、汗を大量にかくとシャツやズボンが皮膚に張り付いたり、べたべたして不快な感じを覚えると思います。この湿度のジメジメ感やベタっとるよう不快感が夏バテに大きく影響しているようです。

夏バテと不快感

不快感が続くと、イライラしたり精神的に苦痛です。これが自律神経に影響し、内臓器官の働きを弱くしてしまいます。そのため胃腸の働きも弱くなってしまい、食欲が低下してしまうのです。さらに熱帯夜続きで睡眠不足も重なると、体力も落ちてしまい夏バテといわれる症状になってしまうのです。

特に梅雨の時期には湿度が高いので、夏バテする人が増加します。夏バテしやすい人は、普段から食が細くちゃんと食事をとらない人に多いと考えられています。暑くなってしまうと空腹感よりも喉の渇きが強くなってしまい、水分ばかり補給してお腹がいっぱいになってしまうのです。

また、冷房で部屋を冷やしすぎるのも内臓器官が低下しやすく、夏バテになりやすくなるといわれていますので注意しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク