夏バテの対策は栄養をしっかり摂る

今年の暑さのピークはこれからですが、夏バテしないようにしっかり対策をしましょう。せっかくの夏休みに、夏バテで動けないなんてことになったら、家族や友人との予定もパーになりがっかりさせてしまうかも。

では、夏バテの原因はなんでしょうか。俗に言う夏バテというのは、簡単にいえば食欲が低下し疲れやすくなることで起こす症状です。

夏バテは、汗をかくことで水分やミネラル分など体に必要な栄養が不足してしまうことで起こります。暑さで消化器官の機能が低下し、栄養吸収が十分にできずに栄養不足になることで体力が低下するといったことも考えられます。

冷房で体を冷やし過ぎてしまい、肩こりや頭痛が起きやすくなったり、自律神経のバランスが外気との温度差により崩れてしまうことがあります。バランスの崩れが原因で食欲不振となることで、食事からの栄養摂取が不足して、夏バテの症状がさらに進行するということが起きるそうです。

夏バテ対策には栄養をしっかり摂る

元気に夏の暑さを乗り切るために不可欠なのが栄養です。暑い時期になると多くなる食事のメニューが、そうめんや冷や麦など冷たくて食べやすいものです。これでは栄養不足は解消されず、夏バテから回復することはできません。ビタミンが豊富に含まれている果物を一緒に食べるだけでも栄養価は上がるでしょう。

夏は冷たい食べ物が美味しく感じられる季節ですが、胃腸からの栄養吸収率を高めるにはなるべく温かいものを食べることです。食欲が低下していても、たんぱく質とビタミンやミネラルなどの栄養不足を意識した食事で、無理のない範囲で栄養不足の無いように心がけてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク