マッサージや整体のトラブルが増加

マッサージや整体をしてもらって骨折するなどのトラブルが増加しているということで、国民生活センターが注意を呼びかけています。

被害の相談は5年間で800件近く寄せられているようです。

毎日の仕事や生活で、溜まった疲れや凝りで固まった体を癒やすマッサージ。ここ数年増加するマッサージや整体などのリラクゼーションスペースで、トラブルも相次いで起こっているいるといいます。

国民生活センターによると、マッサージや整体を受けて、「ろっ骨を骨折した」といった相談や「腰が痛くなった」などの相談が、2007年度以降で825件も寄せられて、その半数近くが整体やカイロプラクティックでの施術だったといいます。

指圧」「あん摩」「柔道整復」には国家資格が必要ですが、整体やカイロプラクティックには国家資格がありません。

危険があるから免許が必要で、免許を持たない人がやるはより危険ともいえます。ただ、国家資格のないマッサージ店でも講習や定期的な勉強会など、独自の取り組みで事故が起こらないよう技術水準の維持に努めているお店もあるようです。しかし、広告や看板だけで利用者が資格の有無や店の善し悪しを見極めるのは難しいといえます。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク