骨盤の歪みねじれ開きの原因を知る

骨盤の歪みや傾き、ねじれや開きは様々なことが原因で起こってしまいます。

骨盤の歪みは矯正をすれば改善されますが、元となる原因がわかっていなければ何度も骨盤の歪みを繰り返してしまいます。どうして骨盤が歪んでしまったのかその原因を知り、骨盤が歪まないように生活習慣を見直してみましょう。

毎日の通勤や通学、買い物などでいつも同じ方の肩にかばんを掛けたり、片方の決まった手で荷物を持つ、片方の腕しか使わないなど、体の片側に重さの負担が掛かる状態が続くことが骨盤が歪む原因となります。

ありがちなのが、いつも同じ足を上にして足組みをする。立っている時に片方の足に重心をかけてしまうなどですね。長時間椅子に座っている、ヒールの高い靴を履いているのも骨盤には良くありません。

偏った姿勢を長時間続けることも、骨盤だけでなく筋肉にもよくありません。同じ方向ばかりを見る癖がある、横座りやあぐらを長時間する、寝るときの姿勢が、もいつも同じ方向の横向きで寝ている、体を丸まって寝てしまうというのも良くありません。

いつも片方ばかり使ったり負担をかけてしまう行為が原因となってしまうのです。意識して均等に使うようにして骨盤矯正が必要とならないように予防するようにしましょう。

他には、運動不足による筋力が弱くなるのもよくありません。筋力と健康を維持するためにも適度な運動をするように心がけましょう。小さくて締めつけるような下着は長期間の使用は避けるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク