骨盤の歪みを自分でチェックする方法

骨盤は骨格の中でとても重要な役割をもっているます。骨盤は一度歪んでしまうとすぐには治りませんし、骨盤矯正を行うために運動をしたり、整骨院などに通わなくてはならなくなってしまいます。

骨盤が歪むことで、下半身太りや腰痛などに悩む前にしっかりチェックしてみてはいかがでしょう。

骨盤の歪みをチェックする方法

骨盤の歪みを自分でチェックするにはいくつかの方法があります。

まず背筋をしっかり伸ばし、姿勢をよくして鏡の前に正座をします。自分の肋骨に親指をあて、骨盤の上に中指をあてて左右の高さを比べてみましょう。左右の高さが違っているいるなら、骨盤が傾いてしまっている可能性があります。

次に仰向けに寝て肩幅に両足を開きます。骨盤の左右一番高いところに親指をあて、床に中指をつけて高さを調べます。左右の高さが違う場合、右が高いなら左の骨盤がねじれているかもしれません。高く感じるほうの逆側の骨盤がねじれている可能性が高くなります。

また、骨盤は歪み、骨盤のねじれだけではなく、骨盤が開いてしまうこともあります。

骨盤が開いてしまうことが、下半身太りや便秘などの原因になってしまうことも考えられます。特に女性の場合、出産によって骨盤が開きやすくなりますので、定期的にチェックしてみるようにしましょう。

骨盤が開いているかを調べるには仰向けになります。そして、腹筋だけを使って起きあがってみましょう。起き上がれない場合には腹筋と骨盤周りの筋肉が衰えてしまい、筋肉で包まれいるはずの骨盤が開いてしまっているかもしれません。

女性の悩みである、便秘、冷え、下半身太りなどの原因にもなってしまうので、骨盤が開いてしまっている場合には、しっかり骨盤矯正を行い歪み、ねじれ、開きを改善するようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク