高血圧に良い食べ物とは

高血圧の改善に食事療法は欠かせません。症状が軽い場合には、食事療法だけで血圧が下がる可能性も十分あるのです。

まず、高血圧の原因となる塩分の摂取はできるだけ控え、血圧を下げる働きのある食べ物を、毎日習慣的に摂取したいものです。栄養成分の働きを十分に理解し、高血圧の予防と改善に努めましょう。

高血圧に良い食べ物

高血圧の予防にタンパク質は欠かせない栄養素です。良質のタンパク質は血圧を下げる働きがあり、血管を強くしてくれます。鶏肉や豚肉、魚や大豆などをすすんで食べるようにしましょう。でも、乳製品は脂肪が多いので控えめに。

また、血管を広げ血圧を下げる働きのあるカリウムを多く含む食べ物としては、アボカド、バナナ、キーウィなどのフルーツ類、昆布、ワカメなどの海藻類、他には野菜、小魚、貝類にも血圧を下げる効果もあるので、食生活に取り入れてしっかり摂取してください。動物性脂質は動脈硬化を促進してしまうので食べ過ぎないように注意しましょう。

健康的な食事は、色々な食材をバランス良く食べることが重要となります。高血圧の改善や予防だけではなくメタボの予防と対策、美肌作り、夏バテの予防にもなりますので、バランスンの良い食事を規則的に食べるように心がけてください。

外食が多い人はメニューに気を配ることが大切になります。野菜不足にならない様に意識的に食べるようにし、マヨネーズやドレッシングは控えめにしましょう。また、揚げ物も控えるようにしたほうが高血圧には効果的です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク