高血圧の改善に役立つ食品

血圧とは、心臓が血液を全身に送り出す際の血液が血管を押す圧力のことです。この圧力が基準値を超える状態が続く状態を高血圧といい、これが一般に言われる高血圧のことです。自覚症状としては、めまい、頭痛、肩こり動機、むくみ、などが上げられますが、これらは他の原因によるものとの区別がつけにくく、一概に高血圧による症状とは言えません。

高血圧の怖さは自覚症状がなく、知らないうちに高血圧が進行してしまい、気づいたときには心筋梗塞や腎不全などの合併症を起こしてしまうことにあります。高血圧は、一次性高血圧と二次性高血圧に分類されます。一次性高血圧は、本態性高血圧と呼ばれ、特に異常が見当たらないのに血圧が高くなり、原因も特定できません。しかし、原因となる危険因子は明らかにされています。食塩の採りすぎ、ストレス、加齢による血管の老化、過労、肥満、運動不足、遺伝的要因などが危険因子として挙げられています。また、二次性高血圧は、腎臓病やホルモン異常など、原因となる病気があるものを言います。これらは、原因となる病気が治療することで、高血圧も改善されます。

高血圧の改善に効く食品

キュウリ(胡瓜)には、カリウムイソクエルシトリンなど、利尿作用の高い成分が多く含まれています。そのため、高血圧、肥満、腎臓病、心臓病などの利尿が必要な病気の予防に役立ちます。

アスパラガスには、毛細血管を拡張し、血圧を下げる働きをするアスパラギン、アスパラギン酸が含まれています。これらの成分は代謝を活発にし、疲労回復やガンの予防にも効果があるといわれています。この他にも、アスパラガスはビタミンAやB1、B2、食物繊維も多く含んでいてます。またルチンも豊富です。これは血管を強化して老化を防ぎ高血圧の予防、改善に役立ちます。

ショウガ(生姜)には辛味成分のジンゲロンや、ジンギベロールなどの精油成分が含まれています。体を温める、血行促進、冷え性、発汗、解熱、鎮痛、新陳代謝を活発にする効果があります。肩こり、腰痛の改善、風邪をひいた時にもよいでしょう。その他、血圧の調整、血栓の予防、強心作用、などの効果もあります。

マグロには脳力アップ、脳の老化を防ぐDHAが多く含まれています。また、EPAも豊富に含まれていて、これは高血圧の予防、改善に役立ちます。トロにはEPAやビタミンが赤身よりも多く含まれています。血合いにはタウリン、ビタミンE、鉄分を多く含みます。貧血や美肌作りにも役立ちます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク