ファイトケミカルと健康を作る食生活

多様化した生活環境の現代では「偏った食品の摂取による症状」「ストレスによる症状」など、何らかの体の不調に悩んでいる人が急増しています。

なんとなく体の調子が良くないというような半健康の人も多いでしょう。なぜでしょうか?

1950年以降、日本人の食卓にあがる食品は、穀物、魚、イモ類 中心から肉類中心の欧米型の食品に大きく変化しました。この食生活の変化により、メタボリック症候群などの生活習慣病の症状や、アレルギーなど、免疫の異常による症状が大きく増えています。こうした事実により、摂取する食品によって体の状態が大きく変わる事がわかります。

ファイトケミカルを含んだ食品を摂る

ファイトケミカルは第7の栄養素と呼ばれ、野菜、果物、豆類に多く含まれています。これらはカロテノイド群、ポリフェノール・フラボノイド群、硫黄化合物群に分けられます。おもな働きは、抗酸化作用により活性酸素を取り除く、体内の有毒物を解毒、免疫力を高めるなどです。1日の必要量は野菜を350g以上果物を200gとされています。

健康を作る食生活の鉄則

一日3食以上に分けて摂る
食事の間隔があきすぎると体は飢餓状態になり、栄養が入ってくると待ってましたとばかりに吸収してしいます。
それが体脂肪となり、肥満の原因になります。健康を目的にするなら、食事を3回以上に分け、間隔を4時間以上あけ、空腹を感じるように量を調節してたべましょう。

水分を多く取る
1日に摂る水分量の目安はおおよそ1リットル。水分が不足すると血液がドロドロになって代謝が落ち、血液循環が悪くなります。水分を多く摂ると水分代謝が良くなり、汗や尿と一緒に老廃物も排出でき、細胞の生まれ変わりも促進します。ただし、一度に大量に摂ると、胃液が薄まり、消化を悪くするので注意して下さい。

意識と気分
漠然と食べるのではなく、健康を作るために食事を摂るという意識をもつ。そう思い込むことが食生活をコントロールする事につながります。また、食事をおいしいと感じ、楽しいと感じると、体に反映されて、栄養が行き渡ります。健康を意識して、おいしく楽しく食事をしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク