肺気胸は痩せてる男性に多い!?

ナイナイの矢部さんが肺気胸で都内の病院に入院したそうですね。矢部さんもかなり痩せ型ですが、肺気胸はなぜか痩せてる男性に多いんですよ。

肺気胸とはどんな病気なのか

では、肺気胸とはどんな病気なのか簡単に説明します。肺気胸とは、何かの原因で胸の膜に穴があいていまい、肺が縮んでしまった状態の事をいいます。

詳しく説明すると、肺を覆っている内側の胸膜と(肺胸膜)と外側の胸膜(壁側胸膜)の間には胸膜腔というものがあります。この胸膜腔の圧力作用で肺は膨らむわけですが、なんらかの原因でその圧力作用が働くなくなること、胸膜に穴が開くことにで肺気胸となります。

肺気胸は何故か痩せてる男性に多い病気です。のう胞(空気袋)ができやすいからのようでが、のう胞が出来やすい原因は分かっていないようです。

肺気胸の症状

肺気胸の主な症状は、突然の胸の痛みや突然の息切れです。これらの症状がなんの前触れもなく起こるので、肺気胸は自然気胸とも呼ばれています。軽度の場合は痛みも軽いのですが、重度の場合は痛みも強く、少し歩いただけでも息切れを起こしてしみます。

痩せている人で、胸の痛みと息切れの症状がある場合は要注意です。肺気胸の可能性があるので病院で診察を受けてください。胸部のレントゲンで、肺の縮み具合を確認することで診断出来ます。

肺気胸の治療は、軽度の場合は自然治癒も可能なようで、一週間ぐらいで自然に胸膜が修復されることもあるようです。重度の肺気胸では手術が必要で、肺の破れたところを修復します。

現在では胸腔鏡という内視鏡を用いた手術が主流となっているので、傷口が小さく済みますし、入院期間が短くく済むなどのメリットがあります。

いまのところ肺気胸の予防法はないらしいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク