不眠症改善に効果のある食品

不眠症とは、寝つきが悪い、朝早く目が覚めるなど、入眠することが困難か眠りが非常に浅いと自覚する睡眠障害です。しかし、何時間眠らないから不眠症であるとか、どのくらい眠らないといけない、といった定義はありません。必要な睡眠時間とは、人それぞれ違うからです。睡眠時間が問題なのではなく、睡眠の質が問題なのです。ということは、睡眠の質が悪い時に、不眠症といえます。

睡眠の質とは、寝つきが良く、睡眠途中に目が覚めず、目覚めた後の気分が良い状態です。入眠が困難である、睡眠中に頻繁に目覚めてしまう、寝起きがつらい、一日中寝不足感があるといった時に不眠症ではないか?と疑うことになります。不眠症は、心臓疾患や心身症などが原因となっている、病気の治療が必要なものと、そうでないものに大別されます。病気が原因の不眠でない場合は、生活リズムの乱れ、精神的な緊張や興奮、不馴れな環境、騒音、暑さや寒さ、コーヒーやお茶の飲み過ぎなど、さまざまな原因が考えられます。まずは原因を明らかにし取り除くことが肝心です。

不眠症改善に効く食品

レタスは、マグネシウム、カルシウム、リン、鉄分、ビタミンA、B、Cなどのミネラル類、ビタミン類が含まれています。また、レタスの茎に含まれる白い液に含まれているラクッコピコリンという成分には、鎮静、催眠効果があるといわれています。

牛乳に豊富に含まれるカルシウムは、精神安定剤の働きをするミネラルで、脳や神経の興奮を静め、精神を安定させる働きがあります。血液中のカルシウム量が減ると、神経の働きが悪くなり、精神や感情を上手にコントロールできなくなります。また、カルシウムが不足すると神経が過敏になり、寝付きが悪い、イライラする、などの神経症状があらわれやすくなります。牛乳に含まれるアミノ酸の一種トリプトファンは、神経伝達物質セロトニンの原料にもなります。セロトニンは、気分を安定させ、不眠症改善にも役立ちます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク